トラッシュブログ


トラッシュで行われるパーティーや
さまざまなお知らせなどを書いていきます。

« 2010年9月 | トラッシュブログTOP | 2010年11月 »

2010年10月 アーカイブ

DSC08923.jpg

 

         本日の主役の青木ご夫妻☆

                  当店の演出しゃぼん玉が舞う中でご登場。

 

DSC08932.jpg

 

         本日最初のイベントはランドセルサーバー。

                         意外とノリノリな新郎です(笑)

 

DSC08942.jpg

 

               次に行われたのはケーキ入刀!!

                  照れながらも幸せそうな新郎新婦★

DSC08922.jpg

 

               ケーキはこんな感じ☆

 

  DSC08949.jpg

 

    次に行われたのはファーストバイト。

    ケーキが大きすぎてなかなか口に入らない新郎さんをみて新婦さんは終始笑顔(笑)

 

 

DSC08968.jpg

 

           定番のビンゴゲーム!!なんと先ほどの爆笑シーンが背景に!(・o・)

 

  DSC08979.jpg

 

   新郎が大のサッカー好きとういうことで幹事様からユニフォームのプレゼント。

 

  DSC09018.jpg

 

                      後ろから見ると真ん中に今日の日付とハートが!!

 

  DSC08989.jpg

 

                                            お決まりのチュー!!

 

  DSC09005.jpg

 

    新郎のおばあちゃんからの手紙。。涙  

        最後は新郎があいさつをして終始盛り上がりをみせた二次会は終了~~!!

 

  DSC08919.jpg

 

                「ビンゴすごかったです!!!」

 

 

 末永くお幸せになさってください☆

 

平成22年10月30日

DSC08798.jpg

 

本日は北森さんご夫妻★

皆様の歓声とクラッカーの音を浴びながらとびきりの笑顔でご入場です!

 

 

 

ファーストバイトのシーンでは

新郎のご友人からの「莉乃ちゃんもっと!」の声に応え

とても大きく!新郎もがんばって口に入れていました。

愛があるからこそのワザですね(^^♪

 

DSC08827.jpg

 

こちらの怪しい方・・・新郎の変身後です。(笑)

 ランドセルビアサーバーのサービスを回る前に幹事さんに

「これも!これも!」と小物をどんどん付けてもらっていました(*^^)v

 

もちろん大人気で人だかりができるほど!

 

 

 

その後の携帯ゲームでは1位と2位の商品が最後まで残る状況になり

皆様ドキドキしながら待っていたところ

 

なんと!司会者が1位の液晶テレビを当てちゃいました!(*^_^*)

これにはみんなビックリ!大盛り上がりとなりましたー★

 

 

 

楽しい二次会も終わりの時間が近づき

サプライズとして新郎の妹様からお手紙が読まれました。

兄である新郎との思い出、お二人との思い出や

普段は言えないお気持ちなど

 

とても素敵な兄妹と感じさせるお手紙で会場全体が涙に包まれました。

 

DSC08917.jpg

 

       「素晴らしい二次会でした。ありがとうございます。」

 

これからも末永くお幸せに★

 

平成22年10月23日

DSC08536.jpg

 

本日は大沢さんご夫妻★

各テーブルの皆様にご挨拶をしながらの入場です。

 

新婦は店主ヒラキダの恩師の娘さんということで

私の目には開始前からちょっぴり張り切っている様に映ったり(^^)

 

DSC08551.jpg

 

ケーキ入刀シーンではお二人とも本当に幸せそうな満面の笑みをみせていただきました!

 

 

 

新婦からの大きな愛を包み込むように受け止めます★

美味しい!と感激するお二人に

「それはケーキが?食べさせてくれたお相手が?」の問いに

二人揃って「両方です」と答え息の合ったところを見せて頂きました♪

 

歓談を挿みましてお二人は一旦退場を。

そして改めて入場をする際には

 

 

 

こちらの卓上花火で盛り上げてくださいました!

たくさんのフラッシュと歓声が巻き起こります(*^^)v

 

ゲームコーナーや思い出の写真が詰まったDVDが流され

二次会も終わりに近づいて参りました。

 

と、ここで新郎が「実はプロポーズをしていなくて・・・」と告白

「なので今日は手紙を書いてきました」と言う新郎に

 

DSC08643.jpg

 

この表情!

とても驚かれたと同時に照れていらっしゃいました(*^_^*)

 

とても愛されているということが伝わるお手紙で

ずっと一緒にいることを改めて誓い合ったお二人。 

 

これからも末永くお幸せに!

 

DSC08531.jpg

 

  「今日、二次会をさせて頂いて

     本当にきれいなお店で、料理もおいしくて大大大満足です!!

       スタッフの方々も丁寧でとてもわかりやすく説明していただきました。」

 

  「幹事の皆さんにもTRASHの皆さんにもよくしていただいて

           二人の最高の思い出になりました!ありがとうございました★」

 

平成22年10月17日

DSC08361.jpg

 

お姫様抱っこでご入場!

幸せいっぱいの笹川さんご夫妻です★

 

本日はプチ結婚式からの始まりとなります・・・

DSC08388.jpg

 

神父さんからお言葉を頂き

指輪の交換、誓いの言葉と進んでいきますが

 

結婚宣言にてお二人が渡された紙にはあるセリフが・・・。

それは某漫画のセリフだったので聞いている皆様は爆笑

 

DSC08409.jpg

 

ですが最後はある歌を大合唱して感動と笑いに包まれたお式となりました。

 

曲に合わせて揺れるお二人、幸せそうです(^^♪

 

DSC08429.jpg

 

こちらのケーキは幹事様の手作りのもの!

ファーストバイトで食べたお二人が「美味しい!」と感動していらっしゃいました★

 

この後はお二人の緊急記者会見が開かれ

たくさんの質問攻めにあったお二人!

第一印象や好きなところをひとつひとつ丁寧に回答され

その度に皆様からお声が上がっていました。

 

 

 

こちらはGFK11の皆様!

後ろの方にうっかり可愛すぎる方々が写っていますが(笑)

 

元気いっぱいのダンスでお二人をお祝いしていただきました★

 

 

本日はどの場面においても、お二人がご友人にとても愛されているというのが

皆様にも伝わったのではないでしょうか。

 

これからも末永くお幸せに(*^_^*)

 

 

ご友人のお子様を抱っこするお二人。

と、カメラの前でポーズをとってくれた"かずきくん"

 

将来家族が出来たらこんな風になるんだなと想像すると

とっても微笑ましい姿です(^_-)-☆

DSC08355.jpg

 

       「今日は本当にありがとうございました。また来ます。」

 

≪追記≫

 

新郎新婦が帰り際に参加者にお配りしてた

お土産のクッキーがいくつか余ったそうなので

「スタッフの皆さんへどうぞ」とお裾分けをいただきました。

 よくよく見てみるとカードのメッセージはなんと一枚一枚全て手書き!(゜o゜)

ご友人方に愛されてる理由はこんなところにあるんですね(^^♪

 

 

 

 

 

平成22年10月16日

 

前回初登頂した際のブログにて、 「もう剱岳日帰りはチャレンジすることはないでしょう」

 ・・・などと書いていたにもかかわらず、なんとわずか2週間後に再び日帰りで登ってきてしまいましたf(^_^;)

 

 事の発端は当ブログでも“雅音楽祭”の記事で何度か登場している日枝神社権禰宜で高校の同級生の平尾君。

 

 彼は剱岳に何度も登っている“山男”でヒラキダに登山を始めるきっかけを作ってくれた男でもあります。

 

その彼が月曜日の夜にお店に飲みに来てくれた際に一言、

 

 「早月尾根ルートでの日帰りはまだやったことがないので体力的に行ける内に1回行っときたい。明後日に行く予定にしているが一緒に行かないか?」

 

 これが1週間前であれば確実に断っていたでしょうが、前回登頂の際の身体のダメージはすっかり抜け、苦しく辛かった“負のイメージ”も微妙にぼやけ始めてきたこのタイミングでこの“悪魔のお誘い”

 

10分ほどの葛藤の末、「行っちゃう!?」のノリで決定(^^ゞ

 

 という流れで昨日の早朝(正確には一昨日の深夜)2時半に平尾君を迎えに行き、3時過ぎに真っ暗闇の馬場島に到着。そして3時半に登山開始!

 

 今回の目標は出来れば何とか明るい内に帰還すること・・・ですが果たして?

 

DSCF0454.jpg

 

 相も変わらず真っ暗闇の登山道ですが今回は2人なので圧倒的に心強い(^^)v

 

前回よりもぬかるんだ道を慎重に登っていきます。

 

 

 写真は5時半ごろ1,400m地点からの富山平野。明るくなり始めですがまだまだ夜モード。

 

6時過ぎぐらいには周りも徐々に明るくなりヘッドランプを外してペースアップ!

 

 ・・・といきたい所ですが、2人ともイイ歳&イイ体重なのであくまでもマイペースマイペース(~_~;)

 

 途中で大阪から来た若者に軽くブチ抜かれても気にせずマイペースマイペース。

 

 今回の頂上到着目標時間は出来れば11時。

遅くても11時半には着いて午前中に下山開始しないと到底明るい内には還れないのですが若干ペースは遅れ気味。

 

 昨年断念した2,600m地点が“行くか帰るか”の分かれ道だったのですが、相手が初心者ならともかく今回は自分より遥かに経験豊富な百戦錬磨の平尾君。

 

 「せっかくここまで来たから行っとくべー」

 

ということで暗くなるのを覚悟で続行!

 

 

 途中までは良い感じの天気だったのに頂上付近なると徐々にガスが発生。

 

 下が見えないほうが怖くなくて良い、という説もありますが、見えないは見えないである意味恐怖感倍増、という説も。。。(・_・;)

 

 

 

 そしていくつかのデンジャラスゾーンも無難にこなして目標よりやや押し気味の12時過ぎにとうとう2回目の登頂達成!\(^o^)/

 

本物の神主さんである平尾君と共に祠に向かって礼拝。

 

 う~ん、ご利益ありそうじゃー(*^。^*)

 

 

 

 頂上にて昼食&休憩後13時に下山開始。

 

 馬場島への到着目標時刻は一応19時、あわよくば18時半ですが、何よりも優先しなければならないのは“安全”

 

 特に頂上付近は写真のように<大きな岩を積み重ねただけ>のようなトリッキーな場所なので浮石などに注意しながら慎重に慎重に下ります。

 

 前回の時にも書きましたが、このルートは頂上付近を除いてほぼ携帯の電波が繋がらず、しかも今の時期はほぼシーズンオフのため他の登山者も皆無。

万一何かあった場合でも“助けを呼ぶこと”さえ出来ない状況なので時間よりも何よりも安全第一です。

 

 とは言っても実情は急ごうにも体力的に無理が効かないというのが本音。

ハードな急坂登山は下り行程がホントにキツイのです(T_T)

 

もちろん覚悟はしていましたが5時過ぎぐらいから徐々に暗くなりはじめ再びヘッドランプのスイッチオン☆

更に小雨まで降り出してペースは一気にダウンし、結局到着したのが予定より1時間遅れの20時となってしまいました。

 

 トータル16時間半の“行”と称しても過言ではない登山を無事終えたことに二人でがっちり握手。

 

 帰りの車の中で、

 

 「今度はもっとなだらかな山でゆったり登山を楽しもうぜ・・・」

 

 ということで疲れきった二人の意見は一致しました。。。(^_^;)

 

 

 いや~今回もやっぱりキツかった~(>_<)

 

 

 

でもってこれを持ちまして<剱岳日帰り>はもうチャレンジしないことを宣言します!

 

 

 いやホントに。

 

 

 

 多分。。。

 

 

DSC08237.jpg

 

特大ケーキが美味しそう(*^_^*)

ってこちらは牛乳パック等で作られた物。

 

新婦のご友人に代々伝わる(?)物で仲間の結婚式の度に使用されるそうです★

 

本日二組目の尾塩さんご夫妻は扉が開くや否や大歓声!

一組目に負けじと大盛り上がりです\(^o^)/

 

DSC08243.jpg

 

それを受けてのこちらの表情!とっても幸せそうです。

 

DSC08257.jpg

 

歓談中のランドセルサーバーのサービスでは

 

 

 

注いでは飲んで。

注いでは飲んでと鳴り止まないコールがあちらこちらと聞こえてきて

新郎新婦を含む皆様とても楽しそう(*^_^*)

 

ご友人が作られたスライドではサプライズがたくさんあった様で

新郎、新婦共にとても感動されたご様子。

 

DSC08326.jpg

 

「二次会では絶対に泣かない!」と

宣言した新郎も新婦の手紙にも大号泣(*^^)v

 

これからも、素敵な日々をお二人で

たくさんのことを感じながら過ごしてください♪

 

DSC08240.jpg

 

   「本っっっっ当に素晴らしい結婚式&二次会でした。

         みんなと一緒に今日過ごせて私たち二人は幸せ者です。

                                  ありがとうございました。」

 

           ↑上記集合写真はクリックで拡大します。↑

 

平成22年10月10日

DSC08174.jpg

 

あれ?謎の中国人が綺麗なお姉さんを連れてる・・・

 

と思われた方!違いますよー!

 

こちらは新郎です(^^)

 

新婦のドレスはお母様が結婚式の時に着用していた物だそうで

お母様の分の幸せも詰まっております★

 

DSC08191.jpg

 

無事入場を終えたお二人。

新郎の気さくな人柄によって盛り上がりを見せる会場(*^^)v

 

DSC08200.jpg

 

こちらはケーキ入刀シーン。

たくさんのフラッシュの中、ファーストバイトも終え

またガッツポーズを見せていただきました♪

 

DSC08221.jpg

 

お待ちかねのビンゴではBBQセットや

某テーマパークチケットが当たるなどでまた大盛り上がり!

 

手渡す時の新郎の一言一言によって笑いに包まれた会場です。

 

 

サプライズではお二人ともご両親からお手紙を頂き

同時に新郎には妹様からのお手紙も届き

「妹からの手紙が一番キました。」と少しだけ泣いたことを告白。

 

それでも、最後はしっかりと新婦が見守る中のご挨拶となりました。

 

饒舌な新郎と、それを静かに見守る新婦。

素敵な夫婦生活をこれからもお楽しみください♪

 

DSC08235.jpg

DSC08172.jpg

 

  「今日はスムーズな進行をして頂き、誠にありがとうございました。

      人数が決まらず、ご迷惑をおかけしましたが

            また同窓会などでも利用させていただきます。

                   素敵な記念日にありがとうございました。」

 

平成22年10月10日

本日の島崎さんご夫妻はクリスタルキューブでご入場。

クラッカーの鳴る中、各テーブルを回ります★

 

DSC08089.jpg

DSC08097.jpg

 

学生時代の歌のテスト以来緊張しているという新郎と

幸せいっぱいの笑顔を浮かべる新婦。

 

そのお二人へお祝いの言葉と共に乾杯のご発生をするのは新郎の御友人。

軽快なトークによって会場内が笑いに包まれたところで乾杯★

 

DSC08131.jpg

 

その後のケーキ入刀ではカメラを持ったご友人から

「もう一回食べて!」

「一回鼻につけて!」

とリクエストをされていました♪

お二人とも笑顔でリクエストに応え、皆様満足そう(*^^)v

 

DSC08138.jpg

 

皆様に祝福の言葉を頂いたときには

プロポーズの再現をされていて思わず激写!

お互い照れた様子でなんとも微笑ましかったです(*^_^*)

 

歓談のお時間にはプレゼントが贈られたり

祝福のお言葉やお写真の撮影を楽しまれたりと

ゆったりと、幸せな時間を過ごされたお二人ですが

 

楽しい会も終わりの時間となり、締めの挨拶のあとは・・・

 

DSC08159.jpg

 

ここでもやっぱり

「30秒そのままで!」

「もう一回!」

と、皆様にリクエストをされるお二人でした(^^)

 

これからも末永くお幸せに♪

 

DSC08085.jpg

 

           「楽しい時間をありがとうございました。」

 

平成22年10月09日

 

先週の定休日に昨年途中断念した≪剱岳日帰り登山≫に再チャレンジしてきました。

 

 結果から言いますと見事初登頂に成功し特に怪我もなく無事下山することが出来たのですが、もはや“レジャー”の域を軽く超えて“荒行”とでも言いたくなるような超ハードな一日となりました。

 

 

 昨年と同じく前日の営業を終えてから軽く仮眠を取り(結局30分程度)直接登山口のある馬場島へ向かいました。

 

前回の反省を踏まえ今回はスタートを1時間早く3:30と予定していたのですが、到着した馬場島は生憎の小雨状態。

 

天候が悪ければ中止するつもりでいたので雨の様子を見ながら小1時間ほど悩みに悩み、結局“今日は県内全体秋晴れでしょう”という昨晩の天気予報を信じて決行することに。

 

 朝の4時半といえど今の時期はまだまだ真っ暗。ヘッドランプを点けてクマ避けの鈴を鳴らしながら暗闇の森の中へ突入です<`~´>

 

 

道は尾根づたいを延々一本道なので足元さえ見えれば基本的に道に迷うことはありません。

どんどん登っていくと次第に辺りが明るくなり、上の写真のようなピーカン快晴状態!

思わずガッツポーズで生まれて初めての日焼け止めクリームを顔に塗ったくって更にテクテク(というより急坂なのでガリガリ)登っていきます。

 

 昨年と圧倒的に違うのは、一度登ったことがあるので“全体像”がある程度把握できてること。

昨年はピークを越えても越えても次々と新しいピークが目前に現れ、登って3~4時間で精神的に参ってしまっていました(*_*)

 

 

 

と言う内に標高760mの馬場島をスタートし2,200m地点にある早月小屋に朝の9時に到着。

 

 しばし休憩で上の写真の光景を眺めながら朝食を摂ります。

 

 前回この地点に到着したのが10時半ぐらいだったので約1時間半も短縮出来てました。

山小屋の人に聞くとそこから頂上までは普通の人で2時間半くらいで行けるらしく、どうやら12時までに頂上到達という目標は何とか達成出来そうな気配。

 

 水を詰めたペットボトル入りのリュックを背負って砂浜トレーニングをしてきた成果が出てきたのかも。       

 

                「ぜんぜん余裕じゃ~ん!!」

 

 ・・・と思っていたのは実はこのぐらいまででした。。。

 

 

 

 そして前回ギブアップした標高2,600m地点に到着。

 

 いよいよここからは未知の領域です。

 足の筋肉もピクピクし始め、酸素も薄くなり息切れも激しくなってきてはいますが、気を引き締めなおして突撃だ~!

 

 

 

 とは言ってもここからは写真のような鎖場が連続の“デンジャラスゾーン”に突入。

 目標時間までに到達したいのはヤマヤマですが、慎重に慎重に(・_・;)

 

 

 

 写真では分かりにくいですがほぼ足場が無い箇所もあり、岩に打ち込んである金属の棒を足場にして渡っていったりします(+_+)

ちなみにこの辺のほとんどは断崖絶壁につき、落ちたら・・・(ToT)/~~~

 

 

 2,600m地点から更にいくつかの峰を越えようやく頂上一歩手前、別山尾根コースとの分岐を記した標識が見えてきました。

 

 「あと少し!」と頭では分かっているけど、体重がいつもの3倍ぐらいの感覚(*_*)

 

 1メートル登るのに1分ぐらいの亀さんペースで最後の一踏ん張り(≧m≦)

 

 

 そして遂に山頂に到着!! 昨年からの念願がようやく叶ったの図(^^)v

 

 

 山頂から富山湾方面を望む。雄山等から見た光景とは気分的に一味も二味も違う格別の景色。

 

 結局頂上に到着したのは13時過ぎ。

山小屋の人から聞いた“普通の人で2時間半”というのは小屋に泊まった人がそこから登る時の目安時間だったのね。。。(T_T)

 

 

 

 山頂にて昼食を摂り30分ほど休憩してから下山開始。

 

 これから下って行かねばならない峰々を見下ろし、「よくもまあこんな所を登ってきたもんだ・・・」としばし自分を褒め称える(・o・)

 

 がしかし、のんびりしてる場合ではなく、帰りの行程を考えると時間的に明るい内に馬場島で戻れるのは厳しそうなので腹をくくって先を急ぎます。

 

 何とか18~19時ぐらいまでには到着したいと考えていたのですが、思うようにペースは上がらず太陽はどんどん西の方に傾いていきます。

雲の上にいる間はかなり遅い時間まで明るかったのが雲の中に入ると一気に暗くなり再びヘッドランプ装着!

 

 ちなみにこの早月尾根ルートは頂上付近を除きほとんど携帯の電波が届きません。なので万が一転倒などして動けなくなった場合でも助けを呼ぶことさえ出来ないので更に慎重に暗闇の山道を下ります。

 

 そしてようやく早月川の流れる音が聞こえ始め、「おーゴールが近い!」と思ってしばらくしてちょっとしたハプニングがありました。

 

 「あれ?こんな道は通った覚えが無いぞ?もしかして道を間違えた??」

 

体力的にも限界を超え睡眠不足もあって頭が朦朧としていたのでしょう。

 今から考えれば一本道で外れる道も無いはずなのに、遭難したと思い込んでしまったのです。

 

 ちょっとしたパニック状態になり来た道を2度ほど引き返したりして確認してみましたが何処で外れたか全く分からず。

携帯も繋がらない状況で一瞬ビバークも考えましたが、落ち着いて考えた末に川の流れの音に向かって進もう!と判断。

 

 最初に間違えたと思っていた道をどんどん進んでいくと見覚えのある標識を発見!

実は最初から間違えていなかったことがようやく発覚し、嬉しいやら悔しいやら。。。(^0_0^)

 

山では最後まで気を抜いてはいけません。

 

 そんなこんなで小1時間ほどロスした後、21時過ぎにようやく馬場島に到着。

 車の中のクーラーボックスに冷やしておいたコーラを一気飲みし「プハーッ!」(>_<)

 

 結局トータル16時間半。

 かつてないほどの達成感と疲労感と充実感を噛みしめながら帰宅の途につきました。

 

 

 以前、初めて立山(雄山)に登った時は、

 

「これでやっと “いっちょまえの富山県人” になれた気がする」

 

と思ったものでしたが、今回は

 

「これでやっと “富山の漢(おとこ)” になれた気がする」

 

と一人しみじみ悦に入っております(#^.^#)

 

 

 

 まー現在の年齢や膝の状態を考えると≪剱岳日帰り≫はもうチャレンジすることは無いでしょう。

 

とりあえず今はちょっとした坂道を見るのも嫌ですし(~_~;)

 

 

 ただ前回(去年)もそんなこと言ってたような・・・。

 

 はてさて。。。

本日二組目は岩城さんご夫妻★

DSC07997.jpg

 

「岩城トレイン!!」の声が掛かり現れたこの三人。

真ん中が新郎、その後ろが新婦です(笑)

 

新郎の希望だったそうで大盛り上がりの入場となりました(*^_^*)

 

DSC08006.jpg

 

歓談タイムでは新郎がランドセルを背負います!

新婦は横について共に挨拶を★

早くも息ピッタリのお二人ですね(^^)v

 

DSC08008.jpg

 

こちらはメインイベントのケーキ入刀

とっても幸せそうな顔でこちらまで笑顔になりました(^o^)

 

DSC08025.jpg

 

お待ちかねのビンゴでは新婦もビンゴになる嬉しい場面も★

 

DSC08037.jpg

 

お二人の生い立ちDVDが流れた時は

ご友人と懐かしみながらワイワイお話をされ

 

DSC08056.jpg

 

手紙を読むシーンでは涙してしまう場面も。

たくさんのご友人に笑顔で見送られたお二人。

 

これからも笑顔でお幸せに★

 

DSC07989.jpg

DSC07988.jpg

 

     「本当に楽しい二次会でした。ありがとうございました。

                         これから二人で頑張っていきます。」

 

平成22年10月02日

10月に入り涼しくなって参りましたね。

今月最初の二次会はこちら★

 

新郎はダーツをされるそうで

ダーツボードがWelcomeボードとなっています原さんご夫妻です!

 

 

 

温かい拍手でお出迎えしていただき

メインイベントでもありますケーキ入刀も済ませた頃

 

聞き覚えのあるメロディと共に現れたのは・・・

 

DSC07900.jpg

 

こちらの方。

ただのイケメンじゃありません。(笑)

 

なんとマジシャンです。

TRASHにマジシャンが来るのは初めてのことなので

私、とっても興味津々でした(^^ゞ

 

DSC07919.jpg

 

リングのマジックで皆様の心を掴み

テーブルではトランプマジックを披露していただきました(*^_^*)

 

カッコいいところを全部持っていかれたら困る!

ので、新郎にもカッコいいところを披露していただきましょう★

 

DSC07940.jpg

 

得意のダーツを見せてください!と言われ投げますが・・・

 

DSC07950.jpg

 

なんと点数によって質問箱から質問が選ばれるということで!

「プロポーズを再現してください!」にこの表情(^^)

 

しっかり再現していただきましたよ♪

あんなプロポーズをされてみたいですね(*´ェ`*)

 

DSC07968.jpg

 

三回目に投げた時はサプライズとして

質問ではなく、新婦からのお手紙が読まれます。

 

結婚が決まってから、お互いを想う気持ちがより強くなり

絆がより深まったと幸せな顔で話していただきました。

 

これからもお二人仲良く、末永くお幸せに。

 

DSC07883.jpg

 

平成22年10月02日